モルダバイトの唐草籠ペンダント

深みのあるグリーンのモルダバイト原石の欠片を
銀線で作り上げた籠に閉じ込めてみました。

「モルダバイト」
約1500万年前の隕石の衝突時にできたといわれる天然ガラス。
チェコスロバキアのモルダウ川流域で産出されることから、「モルダバイト」と呼ばれています。
光に翳すと、美しい深みのあるオリーブグリーン。
表面は衝突時の高熱で溶けて固まった様子が見てとれる、
ゴツゴツした形状になっています。
このような過程で出来た天然ガラスは「テクタイト」といいます。
隕石そのものではありませんが、中には隕石の成分を含んでいるものもあるとか・・・・。

チェコスロバキアでは、古くから幸運のお守りとされており、
愛の証として男性から女性にプレゼントする習慣があるそうです。




裏側

商品番号 p_611

【使用石】
モルダバイト原石17×12ミリ

【サイズ】
縦の長さ 32ミリ(バチカン含む)


チェーンは付属しません。
ご希望のお客様は、オプションより
ご注文ください。

【使用金属】
silver925 silver950

 


お買い物カゴを確認する